読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家探し休眠時代

土地探しのジレンマ

家探し開始からひと月くらいで購入検討対象の物件に出会いましたが、予算オーバーのため見送り、また振り出しに戻ります。

 

そしてこの後、めぼしい物件が全く出てこず、家探し休眠状態となります。

 

物件情報を探す際、今はネットやアプリで手軽に検索できたりしますよね。自分はsuumoをよく使っていました。

売りに出される物件が公開される流れは、まず売主さんが不動産会社に依頼することから始まるのですが、この物件情報を不動産会社間で共有するシステムがあり、基本的に売地の情報は全てここで公開されます。なので、どの不動産会社に土地探しをお願いしても、元になる情報は同じということになるのです。

この物件共有システムを見た他の不動産会社は、その物件情報を自由に顧客に対して紹介することができます。ネットやアプリで同じ物件が複数件登録されてるのは、そういう事情があるのです。

 

結局、情報が簡単に入手できるようになったと言っても、それは他の人にとっても同じであるため、良い情報を見つけたら即連絡!が大事です。

 

一方、この共有システムに登録される前に土地情報を得られたら、すごく有利ですよね?

たまに数区画を分譲する売地の情報の中で、最初から売約済みや商談中の区画があったりしますが、これはなんらかの繋がりで通常ルートよりも早く物件を知りえた人がいるということです。

まぁそれは売主さんと個人的に知り合いだとか、色々あると思うのですが、売主さん側の不動産会社が、ちょうど土地を探してる顧客がいる際に、その人に優先的に紹介しているというのはあるのでは?と思っています。想像ですが。

 

なので、今の時代ネットだけでも検索はできますが、より有利に情報入手したければ、不動産会社に直接出向いて物件探しの依頼をしておくこともやはり重要だと思います。

 

我が家も最初に伺った不動産会社に、継続的に土地情報を頂いていました。

結局最終的に選んだ物件は全く別ルートからでしたが。。その辺りはまた次回に。