読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハウスメーカー選び①

きっかけ

2年前の秋頃、多くの方がそうであるように、我が家でも子供が産まれたことをきっかけにマイホーム購入を検討し始めました。

 

我が家の場合は土地探しからとなるので、まずは不動産会社を訪ねて土地情報を収集し始めました。

 この時点で特にどういう家に住みたいとか大きなこだわりもなかったため、建売も含めて情報を集めていて、最初に見学に行ったのも建売物件でした。

 

建売物件にも色々あると思います。大手HMも建売してたりしますしね。

自分たちが見学したのは、安さを売りにした地元建売業者のローコスト住宅でした。

 金額的にはとても魅力的なのですが、実際に見てみると全体的に狭く、収納も乏しくて住みにくそうでした。今住んでるアパートに1部屋追加した感じ、そんな印象。安いとは言っても、土地込みでの購入はそれなりの金額になるわけで、それだけのお金を払ってまで欲しいという気は全く起きませんでした。

 

たまたま見学した建売住宅が残念な感じだったので、以降、注文住宅にする方向となりました。

 

住宅展示場通いの日々の始まり

注文住宅を依頼する建築会社を選ぶため、住宅展示場通いを始めました。

 

最初はほんとに何も知らなかったので、とりあえず名前を知っている三井ホーム積水ハウスに伺ったのですが、そこで現実を突きつけられます。

自分たちの予算では、まぁ無理でした。

営業さんもちょっと困った感じでしたが(笑)、凹まされて帰ってきました。

ただこの時の収穫としては、現実的に自分たちが購入可能な住宅メーカーを下調べする必要があるということを理解したことで、ここから自分でも色々調べるようになりました。